FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-09-29 (Tue)
調理師学校の先生から仕事を紹介してもらったが条件が合わず・・・辞退しました(専門店、レストランクラスは給与が極端に低い、まぁ分かってて行ったんですけども)
先生と話して「料理はそんな甘いもんちゃう、レベルの高いところで我慢して頑張ったほうがいい、絶対に後で後悔するで」って僕の将来を案じていってくださいました。
先生の心配はごもっとも、今まで飲食としては一本ですが、飲食に中ではいろいろしてきて(ジャンルもいろいろ)キャリアで見れば中途半端なところは否めない。先生は何と言うかやはり料理人ということか料理がいいもん作れなかったらイカンって思っているんだろうな。でも、そうじゃなくても成功しているお店は世の中にいっぱいあるわけで、前にも書いたかと思うけど最近は調べようと思えば自分で専門的なことまで調べれる時代だから(もちろん技術・実地でしか勉強できないこともあるがそれは習得してる)まず、生活のための資金を貯めるための給与を稼ぐ仕事をして、あとは自分で勉強していくということも一つの道なんではないだろうか。僕はそう思います。

先生のいうレストランで安い給料だが(高い)技術を身につけてお店を成功させるというのも一つの道。僕の考えも一つの道。頂上までの道は一つではない。

とはいえ、その思いをいったところで「それは甘いで」って言われるだけだろな。
自分の人生を歩く覚悟をして、お店を作るまでがんばって、継続できるようにして、先生の心配は杞憂に終わってよかったって思ってもらえるようにする。それ以外に分かってもらう方法はないんでしょうね。

男というのは行動で示すしかない。
スポンサーサイト
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。