FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-08-12 (Tue)
「コンセプト」
    ↓
「行動指針コンセプト」
    ↓
「マニュアル」


大まかに見てこの三つが経営者、管理職には必要と
前回書きました。


ではどうして必要なのか?
それは、自分の部下や従業員が(自分の意にそぐわないような)無茶な仕事、勝手な判断を
しないようにするためです


そして、部下や従業員に円滑に仕事を進めてもらうためにも
行動するための「基準」が必要になってきます。

それが「行動指針コンセプト」です。

勉強家のビジネスマンの方々ならご存知かと思います。
最近、「コーチング」と同様に注目なのが「マインドマップ」です。
「自分の頭の中の事柄を紙の上に関連づけて表記することで自分の
頭の中を整理する方法」
といったところでしょうか。

作り方は、これと一緒です。
「コンセプト」からまず重要な項目を引き出して、そこから細分化して
表記していく。そうすることで紙の上には何が出来上がるのでしょう・・・?

そう「マインドマップ」と同じく
自分の頭の中身をぶちまけたことになります。

その紙をきれいに清書して出来上がったのが
「行動指針コンセプト」になります。

そして現場のみんなにみせて
「自分ならこうやって行動する!!」というのを伝えます!
自分の仕事に対する価値観や基準を伝えるのです!
(言葉だけでは伝わりにくく、紙に書くことで後で見直せます)

そうすることで、店舗あるいは事業所に
「自分の分身」を増殖させることができるのです。
対外経営者や管理職の方は自分自身が仕事ができるはず
働いてる部下が自分と同じこと、同じ考えに従い仕事ができれば
これほど心強いものはないでしょう?

これが「行動指針コンセプト」の作り方。
次回は、運用面での注意と更なる活用法です。


スポンサーサイト
| ぷーすけ「仕事論」 | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。