123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-08-30 (Sat)
>「将来なりたい職業は・・・」

小学生(男子)の将来なりたい職業は
「野球選手、サッカー選手は順位を入れ替えながらもここ数年は小学生部門では1位、2位を不動のものにしています。・・・
一方、対照的なのが3,4位の医者、研究者・教授。高収入と社会的地位の高い職業が人気を集めています。・・・
全体を通してはスポーツ選手、芸能人に見られる「夢追い系」、医者や教授、弁護士に見られる「高収入系」、大工、調理師、ケーキ屋にみられる「手に職系」の3つに分かれます。」(抜粋)だそうです。

最近「夢がない」子どもが多いと聞くことがあるのでランキングを見て
少し安堵しました。。。
みんなちゃんと夢あんじゃん!!!

ただ、12位・・・サラリーマンってのには
もうちょっと夢を感じさせるのをこたえてほしいなぁ、そう思いました。
ほんとに・・・逆に高校生(男子)になるともっと項目が具体的になってきますけど
1位・・・公務員!?安定志向全否定はしませんけど・・・

まぁ、仕事が人生の全てじゃないからあれなんだけど
もっと仕事に関してもワクワクするものを持っていてほしいな、
個人的にはそう思います。


子どもが仕事に対して「夢を抱けてない」ことについて書きましたが
そもそもってなんだろうか?
自分にも夢・・・というかもう具体的な目標はあります。
でも、そのもとは幼稚園の時から変わらず「料理人」という「夢」です。

夢を持つことを強要するのはおかしいとは思いますが
夢を持ちワクワクすることは充実した人生生きていく上でも
必要なんじゃないかな、と思い
子どもたちはどうやったら夢を抱けるようになるのか?
について考えていこうと思います。


(ここでは、あえてなりたい職業ランキングは男子に焦点をあててみました。
女子は小学生高校生ともに「手に職」系が人気である意味
男子より「夢があって」かつ「堅実」でいいと思います。)

僕が子どもが夢を抱く全段階に必要なのは
「たくさんの価値観との触れ合い」だと思います。

「価値観=自分の大事なもの、自分のやりたいこと」がはっきりしているからこそ
自分の「夢」もはっきりと認識できるのだと思います。
逆に「価値観」(まだ未熟でも)しっかりがなければ
自分の大事なもの、したいことが分からず将来なりたいものを聞かれても「サラリーマン」なんて答えが返ってくるんでしょう。

価値観を形成するのに必要なのは
イイ、ワルイは別にしてできるだけたくさんの
そして多様な人達の価値観に触れあうこと・・・


その中で自分に合った、しっくりくる、ワクワクするもの
逆に、何も思わないもの、いやなもの
取捨選択し自分の価値観を形成していきます。


ここでポイント。
子どもたちに触れさせる価値観は
親が勝手にえり好みしないこと

もちろん、人としてダメなのは触れさせない方がいいでしょうけど。

その心は・・・最終的に子どもの選ぶ価値観と違う価値観の存在を意識することで
自分の価値観の輪郭を浮き上がらせ、自分の価値観をはっきりと
認識できるようになると思うからです。


その形成された価値観は既に「夢」と呼べるくらいになっていると思います。
人生で一番大切なことは自分のしたいことを知っていることだよ・・・(たしかスナフキンもそう言ってたと思います(笑)


価値観とは「想い」です。
その人の生きてきた中で生まれてきた想いに触れる。
その時、人はワクワクします。

もっとワクワクして素敵な人生送りましょうYo!!!


その手助けになる為に・・・
    ↓
こんな託児所いかが? PART2
スポンサーサイト
| ぷーすけ論「教育」 | COM(14) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。