123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-09-22 (Mon)
先日、またまた妻の、今度はお母さんの実家に遊びに行ってきたんですが
その時、ふと自分は知らない間に敬語使っているよな・・・と思ったんですね。

そこで今回は敬語について書いてみようと思います。


最近は先輩や先生、上司なんかにも敬語を使わない・・・使えない人が増えて
「敬語の使えない若者が増えた」みたいなことが言われてるわけですね。

僕が思っていたのは若い人が敬語を使わなくなったのは
敬語を使う大人を見る機会が少なくなったせいではないかということです。

と、いうのはこれまた何でも核家族とつなげ過ぎといわれるかもしれませんが
何世帯とも一緒に生活していたころは、自然と周りに大人の上下関係が存在して
敬語が日常の中に存在していた訳です。
(基本的に家族に敬語は使わないことが多いですが、人数が増えれば仲のよくない人とも一緒に住まないといけないので関係を保つためにも敬語が使われますし姑さん、舅さん、間違いなく目上の方には敬語を使う。そんなのが日常にあったと考えらます。少なくと自分の家ではそうでした)

というように、普段使う人がおらず「敬語を使う姿」を見ない人にいきなり使えってこと自体が無茶といえるのではないではないでしょうか?

だからと言って使えなくていいってことじゃあないですけど。
今の人の感覚でいえば、敬語なんかめんどくさいしフランクに誰にもため口でも・・・
という考えもあるでしょうけど、自分一人で生きていくわけではないのでそこはやはり年上の方々は目上の方にはまず敬語を使うことが当り前の価値観の方もいるわけですし仕事や地域での付き合いなど敬語から入る方が無難なのではないでしょうか??

と同時に、敬語はあくまで使うもの。関係を保つためのツールでしかないということは心にとめとかないといけ無いと思います。つまり、あくまで「適正に使えたらいいな」くらいでいいんです。
(別の例ですが今の日本人は「数字に使われてる」感があります。ではなくてあくまで数字を使う側になれたらといった感じです)

僕は敬語を使うことにはもうひとつ意味があると思います。
敬語を使うという事は、“謙虚さの表明” ではないかと思うのです。
エライ人だから使うとかエラクナイ人だから使わないとかではなくまず相手に敬意を払う。
つまり自分の力量に過小評価も過大評価もせず、はじめて会う人を大事に扱う姿勢をもてればいいと思います。

今の人には特に「謙虚さ」があまり感じられないなぁと少し残念だと思うこともあります。
確かに今なら情報はボタンを押しただけで得られるし、知っていることもたくさんあるからこそそうなのでしょう。ですがその反面、経験に乏しい、「別に知っているからわざわざやらなくてもできる」と結論つけてしまいがちかもしれません。やったことのないことはやらない限り、分ったことにはなりませんしできません。

まず、自分の身の程を知り相手の背景に何があるか推し量る。
そして、必ず人から得ることはたくさんあるはず、それを考慮の上でまず敬語で始める人づきあいを一度考えてみてはいかがでしょうか?
RIMG0053.jpg
明日は明日の風が吹く~♪





スポンサーサイト
| 未分類 | COM(2) | TB(3) |















管理者にだけ表示を許可する

席を譲らなかった若者
 ネット上では話題になったようですが、私が最近知った一つの話があります。若者とご老人についての話なのですが、これがかなり奥の深い話... …
2008/09/24 14:27  労働問題中心、ブログ
非正規雇用者がコロコロと職を変える理由。
 非正規雇用者の方々によく見られる傾向として「転々と職を変える」という現象が見られます。終身雇用・年功序列で育った中高年の方々にと... …
2008/09/27 03:03  労働問題中心、ブログ
どちらを選びますか?
 昨日のアクセス数をもちまして、おかげさまで10,000アクセスを突破しました。みなさん、いつも訪問していただきありがとうございます。今後... …
2008/09/29 16:27  労働問題中心、ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。