123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-10-08 (Wed)
久々に本の紹介です♪

タイトルに書いた通りに「言葉」というのには意味が一つではありません。
いえ、少なくとも広辞苑や国語辞典など学者の方々が編纂したものをもとにして教育をしていく部分については一つに定まっていた方がいいんでしょうけど。
しかし、日常生きていく中では人それぞれによって「言葉」の持つ意味の位置づけが違います。
普段あまり考えることのなく使う「言葉」について考えた一冊です。

あまり真剣に考えすぎず「こんな考え方もあるのかな」くらいで読むのがいいかも
まずは、頭を柔らかくして自分なりの「言葉」の意味を考えてみましょう

Dictionary【ディクショナリー】
4921132658山崎 拓巳/長友清

サンクチュアリ出版 2003-11-08
売り上げランキング : 65225

おすすめ平均star
star物事の見え方が変わる
star新しい言葉たち
star素敵な辞書!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

公式ホームページはこちら

多くの言葉がつづられていますし、元気をくれる言葉もたくさんです。

人生って不思議です。
お金もモノも満たされているのに不幸な人や、裕福な生活で無い、それこそホームレスでも自分に満足し(裕福なことに対するあこがれがあるとしても)幸せな日々を送っている人もいます。

結局のところ人生のクオリティーは自分の主観によるところが大きいのかなと思います。
(もちろん、世の中理不尽なことも起こりますけどもそれも受け止め方である程度は変わるはずです)

あんまり偉そうなことも言えないですけど、よかったら一度手にとって自分の中では「この言葉はどんな意味になるのかな?」って考えてみてください。新たな世界が広がるかも(@_@;)
スポンサーサイト
| 知識の補充は読書から | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。