12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-10-11 (Sat)
あなたは今どんな立場で仕事をしていますか?
チームのリーダーでしょうか。それとも、一番下っ端、またはリーダーの補佐役でしょうか?

立場はそれぞれ、(小泉じゃないけど)会社もいろいろ社員もいろいろ。
そんな中、仕事をしていく上で大事なことはいろいろとあると思いますが、その一つについて大事なことを分かりやすく書いている本の紹介をします。


自分がいなくてもまわるチームをつくろう!
自分がいなくてもまわるチームをつくろう!山口 正人


おすすめ平均 star
star自分でビジネスをするなら大切なこと
starこの考えをどう発展させるかが重要
star人間動かすのは色々大変

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ここで言う「自分」とはチームリーダーだけのことを指しているわけではありません。
チームの中の誰であれ、いなくてもチームは動くように作りましょうということです。
早い話が「みんなの意識を統一して、情報を共有しましょう」ということです。

ぼくは、人生経験まだまだですけどこれに関しては苦労した経験があります。(というか、やり方がわからなかっただけなんですけど・・・)
なまじ仕事ができるとついつい「自分でやった方が早い」って思っちゃうんですよね。で、そうしちゃうから、人が育たない→時間が足りない→時間が足りないから新しい試みにかける時間が足りない→完成度が低い→売り上げ減→人件費削減→時間が足りない、の悪いスパイラルに陥っちゃう訳。

今、仕事においては実力主義ですから、一つの会社の中にあるたくさんのチームそれぞれが、「効率よく最高のパフォーマンス」を上げないといけない。その為には、いかに上司に余裕を作るか、できる人間に余裕を作るかだと思います。

ついつい、上司の方も仕事できる人に仕事振ってしまいがちですけど簡単なことは特に仕事できない人に振って(もちろんちゃんと指示を与えた上で、その人は仕事できないんですから)難しい仕事、新しい仕事は上司の方や、できる人にしてもらう。これができないと、チームはいつまでたっても現状維持です。


もうひとつ大事なことは簡単なことを仕事できない人に振るにあたり、そのこと自体もチームの効率を上げることに一躍買っていると認識してもらえるかどうか。その辺の人の意地とプライドやら人間臭い所は一筋縄ではいかないでしょうからある意味一番大変かも(苦笑)

ここで、僕の仕事に向かう上で大事にしている言葉を一つ
「上司は上へがりたいなら部下を育てろ!
部下は下から上がりたいなら上司を育てろ!」
です。

上司も部下も会社も、上を目指すなら部下を育て下からどんどん押し上げてもらい、部下も下から逃れたいなら上司に成長してもらってその上の会社に成長してもらって新しい人を入れてもらう。会社丸ごと自分と一緒に成長しよう、そのために人を育てていける人が本当に「仕事のデキル人」なんじゃないでしょうか。。。


スポンサーサイト
| 未分類 | COM(7) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。